看護師 就職 お祝い金

看護師の就職お祝い金が出る理由

看護師の就職先を見つけようとする方で、専門の求人サイトを利用する方が増えています。

 

特に最近では就職できたらお祝い金がもらえるサイトもあって、人気があります。

 

これは、そのサイトを利用して看護師の就職が成功したら、お祝い金がもらえるという制度ですね。

 

そのお祝い金がどこから出ているかというと、ほとんどが就職先の医療機関がそのサイトに採用成功報酬を払っていて、その一部をお祝い金として支払うというものですね。

 

それだけ人材を求める医療機関も真剣だし、仲立ちをしてくれる看護師求人サイトの競争も激しいということかもしれません。

 

ご存知の通り、看護師は人手不足で、どこでも優秀で真面目に勤務してくれる看護師を求めています。それだけにリクルート活動も盛んで、看護師の求人サイトも数多くあって、競争も激しいというわけです。

 

しかし、それだけたくさん求人サイトがあると、どこに登録しようか迷ってしまうかもしれません。

 

その一つの目安がお祝い金でもあるわけですし、もちろん情報の多さ、実績の確かさなども考慮にいれなければなりません。

 

でも、ここぞと思ったら登録すれば、あとは待つだけ。

 

一般に公開していない求人情報も、こういう専門のサイトなら集まってきますから、自分で探すより断然有利なことは間違いないでしょう。

ちょっとした症状で「もしかして○○病??」って疑う時がありますか?看護師ならありがちですよね!

看護師は、専門的な知識も身につけていますから、疾患に関する知識もありますよね_φ(・_・

 

日頃、患者さんの訴えや、観察所見から、異常の早期発見に努めなくてはなりません。

 

そのため、幅広い知識を必要とされるんですよね。

 

看護師は、知識があればあるほど、日頃の看護師業務に役立ちますし、日々新しい知識も学んでいます。

 

その知識は、大いに役立つこともありますが、無駄に余計な心配してしまうこともあります(;´Д`A

 

普通の人なら、ちょっと体調が悪いなぁ…で済んでしまうことも、
「ん?まてよ…そういえば…」
と、思い当たる節を並べ、
「あら?まさか、この症状は?」
と、症状の当てはまる疾患名があれこれと頭をよぎるんですよね。

 

なんだか最近背中が痛い…。

 

なんて思った日には、

 

そういえば、最近胃の調子が良くないわ…(p_-)

 

なんだか食欲もないし体重も減った気がする。

 

まさか…?(゚Д゚)

 

といった感じで、ちょっとしたことから、病気を疑ってしまうんです。

 

だから、家族や友人の体調不良の話にも敏感です。

 

大事な人だからこそ、心配になったり、不安になったりしてしまいますよね。

 

知識がなければ気にならないことも、知識があるだけに、最悪の事態も考えてしまいます。

 

取り越し苦労ですむことが一番ですが、何事も慎重に越したことはありませんからね;^_^A

 

逆に、看護師だからこそ、まだ大丈夫…と自己判断しがちで、手遅れになることもありますよね…(p_-)

 

大丈夫、大丈夫!
と、安易に考えるよりも、異常の早期発見、早期治療につなげられることが一番ですよね。

 

しかし、神経質になりすぎるのも困りものε-(´∀`; )

 

知識を程よく活用できるのが一番ですね(-_^)

整形外科での夜勤専従

整形外科での夜勤専従は比較的楽かな、と思ったのですが、働いてみると、予想以上に忙しかったです。

 

オペが結構あったので、オペ後のバイタル測定やモニターチェック、点滴など、とにかく術後のケア業務が多かったです。

 

術後の患者さんは痛みを訴える方も多くて、痛みは本人にしか分からないことなので、その対応が大変でしたね。

 

入院患者さんの入れ替わりも激しいので、常に新しい情報を入れておく必要があり、日勤との連携にはかなり気を遣いました。

 

夜勤明けの記録関係では勤務時間内に終われないこともあり、残業することもありましたね。

 

夜勤明けの残業は、ちょっと哀しい気分になったりしていました。仮眠時間にしっかり休めると違うのですが、スタッフもギリギリだったので、なかなか休めず、結局、長くは働けませんでした。

 

でも、お給料が良いし、日中を自分のためにたくさん使えるので、夜勤専従はまたやりたいと思っているんです。

 

病院によってきっと様々だと思うので、看護師求人情報サイトを利用しながら、自分が希望する条件がある病院を探しています。

 

夜勤をしている時って、世の中の多くの人は寝ている時なんだよなぁと思うと同時に、自分と同じように働いている看護師さんや夜勤業務についている方達が大勢いて、みんな頑張っているんだろうなぁと思うことがありました。

 

夜って、なんとなく、心寂しくなるんですよね。

 

考えなくても良いようなこと考えたりして、きっと患者さんもそういうことあるだろうなぁと思ったりします。

 

でも、考えようによっては、広い世界、地球規模で考えると、こちらが夜勤の時間、日中で、一生懸命働いている人たちがいるんですよね。

 

安心安全な社会って、一人ひとりの努力によって成り立っているだなぁ、私もその一員になれているかなぁと思っています。